マヤ暦で宇宙と繋がる魂磨き*巡りて恵む*

May you be filled with LOVE ***

マヤ暦とは

2070 views
約 3 分
マヤ暦とは

マヤ文明は、暦や天文学に長けていた古代文明です。

そして、その文明を生きるマヤ人が使っていた暦、すなわちカレンダーは約17種類あったと言われています。

そのなかでも、神様や宇宙と繋がる”暦”として、宗教儀式や占いに使われていたのが神聖暦(ツォルキン暦)です。

(以下、マヤ暦)

 

神聖暦(ツォルキン暦)

普段私たちが日常的に使用しているカレンダーは、1年が365日または366日で、【グレゴリオ暦】といいます。

マヤ暦は、1クールを260日とします。

その260日は、以下のようになります。

【宇宙の定数:13】 × 【生命の定数:20】=260日

加えて、【13個の音】ならびに【20種類の紋章】で構成されています。

 

13個の音

 

「音」は、役割や能力を表します。

1~13の音があり、全部で13個です。

 

20種類の紋章

「紋章」は、本質を表します。

全部で20個の紋章があります。また色も「赤」「白」「青」「黄」の4色に分けられています。

紋章は、以下の通りです。

(1)赤い龍 (2)白い風 (3)青い夜 (4)黄色い種

(5)赤い蛇 (6)白い世界の橋渡し (7)青い手 (8)黄色い星

(9)赤い月 (10)白い犬 (11)青い猿 (12)黄色い人

(13)赤い空歩く人 (14)白い魔法使い (15)青い鷲 (16)黄色い戦士

(17)赤い地球 (18)白い鏡 (19)青い嵐 (20)黄色い太陽

 

マヤ暦とグレゴリオ暦

 

【マヤ暦】は、1クールが260日となります。

260個の数字をKIN number(キンナンバー)として、マヤ暦上での1日目を「KIN1」、2日目を「KIN2」、3日目を「KIN3」・・・というふうに表記します。

なお、KIN numberは本来の自分に戻る目印となり、皆さんの生年月日から求めることができます。

なお、現代のカレンダーである【グレゴリオ暦】に当てはめたとき、1987年6月23日をK1(マヤ暦の1日目)としています。

 

宇宙と繋がるリズム

 

準備中。

 

マヤの叡智・ツォルキンを意識する

 

マヤの叡智・ツォルキンを意識することで、宇宙のエネルギーを受け取ることができます。

その結果、「本当の自分と出会うこと」や「本来の役割を知ること」に繋がるのです。

 

マヤ暦メニューを確認する

 

(最終編集日:2018年12月29日)

About The Author

megumi
◆マヤ暦認定アドバイザー(一般社団法人シンクロニシティ研究会認定)
◆KIN number:/ KIN5(赤い蛇/赤い龍 音5 )
◆活動地:/ 福岡(博多・天神が中心)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly